専門業者に依頼するバッグ修理

バッグ修理を専門業者に依頼する場合の手続きも、自分で修理する労力を考えるととても簡単です。

多くの場合、バッグ修理は直接店舗に持ち込んで依頼する方法と、遠方に住んでいて近くに修理サービスを行う店舗がない場合は郵送で受け付けしてくれる店舗もあります。不安であればホームページや電話で問い合わせることで、郵送での手続きも丁寧に案内を受けられます。そうして修理業者に鞄を預けた後、実際に修理のプロが状態を確認、その時に最適な手段で再生します。部品の交換や縫い直しなど、その鞄にあった素材や色で修理作業にあたるため、その仕上がりはほとんどわからないくらいに自然に仕上がります。修理が終わった鞄は再び来店するか郵送などの手段で手元へ送り届けられます。こうして流れを辿ると、自分で部品やキット、器具を買い揃え修理することと比較するととても簡単に、お気に入りの鞄を修理することが可能です。

鞄の修理に関しては、その程度や修理箇所によって値段が変動するため、実際に確認した後で見積もりを確認することは可能です。また、おおよその値段の範囲や目安をホームページなどで掲載している業者もありますので、そちらを参考に検討すると良いです。

バッグ修理の箇所

専門業者で取り扱う鞄の種類は多くの場合が限定されておらず、学生が使う学生鞄やサラリーマンが使用する通勤鞄、最近ファッションアイテムの一つとしても人気のリュックサックや、物がたくさん入ると人気の高いトートバッグ、ブランドバッグなど幅広く取り扱いをしている業者が多くあります。

修理の依頼として多くあるのが、持ち手の交換や持ち手と本体を繋ぐ金具の交換、根革の修理、内袋の交換、ファスナー交換などです。重いものを入れて使い続けた場合、持ち手の部分が擦り切れたり汚れたりすることも多くありますが、それもできるだけ現品に近い形で修理することが可能です。また、持ち手だけではなく、本体とつなぐ金具の部分も外れてしまったり壊れてしまうことが多いですが、それも近い形のものに交換することができます。

その他に、内袋が汚れたり裂けたりした場合も交換することができます。そして、意外と知られていないのが根革の修理です。根革とは、持ち手と、本体と持ち手を繋ぐ金具を繋ぐ持ち手の根元の部分を指します。この部分はもともと強度を高めるために広い面でしっかりと縫い合わせていますが、それでもほつれたり切れたりしやすい部分です。バッグ修理の請け負いをしている「靴専科」のサイトにも記載がありましたが、全く同じ革での修理は不可能ですので、似ている革を使って新しく作成してもらえるそうです。

切れてしまった根革は現状に近い物で作成し修繕します。

引用元 [バッグ修理依頼・・・靴専科]

バッグといってもその修理箇所は様々で、箇所によって修理方法も異なります。多少の修理で新品のようにバッグが生き返るのですから、長く大事に使うためにも時々メンテナンスをしてあげると良いでしょう。

バッグ修理で大切なバッグを長く使う

街を歩いているとすれ違う人の多くが鞄を手に歩いています。現代、置き忘れや紛失などを防ぐために鞄に持ち物を纏めるという人の他に、特に女性の多くが鞄もファッションの一部としてコーディネートの1アイテムとして持ち歩く人も多くいます。そのため、数多く存在するショップやブランドからは季節やイベントごとに新しいデザインの鞄が提案され、店頭に並びます。鞄に関しては少し高額でも、長く使うことができると購入を考える人が多くいます。しかし、そうして気に入って購入した鞄が壊れた場合、修理してまた使用することができることを知っている人はまだ少ないように感じます。

多くの人が鞄の持ち手が切れたり、ファスナーのかみ合わせが上手くいかなくなる、内袋が破けるなどすると、もう使えないとクローゼットに仕舞い新しい鞄を買い替えるようです。しかし、この壊れてしまった鞄は、専門の業者の修理サービスを利用することで、また元通り使える状態に戻ることがあります。このサービスを利用すれば、お気に入りのデザインの鞄や、プレゼントなどで貰った思い出の鞄をより長く使用することができます。

勿論、自分で修理することのできるキットや部品など、手芸店やホームセンターなどでも取り扱いがあり、誰でも購入できる環境にあります。しかし、鞄の修理は細かい作業が多く、革や金具を使用している場合、専門の器具を要する場合もあります。また、接着など思うより力が必要な工程もあるため、仕上がりや労力を考えると、バッグ修理は専門業者のサービスを利用することも手段の一つです。