バッグ修理の箇所


専門業者で取り扱う鞄の種類は多くの場合が限定されておらず、学生が使う学生鞄やサラリーマンが使用する通勤鞄、最近ファッションアイテムの一つとしても人気のリュックサックや、物がたくさん入ると人気の高いトートバッグ、ブランドバッグなど幅広く取り扱いをしている業者が多くあります。

修理の依頼として多くあるのが、持ち手の交換や持ち手と本体を繋ぐ金具の交換、根革の修理、内袋の交換、ファスナー交換などです。重いものを入れて使い続けた場合、持ち手の部分が擦り切れたり汚れたりすることも多くありますが、それもできるだけ現品に近い形で修理することが可能です。また、持ち手だけではなく、本体とつなぐ金具の部分も外れてしまったり壊れてしまうことが多いですが、それも近い形のものに交換することができます。

その他に、内袋が汚れたり裂けたりした場合も交換することができます。そして、意外と知られていないのが根革の修理です。根革とは、持ち手と、本体と持ち手を繋ぐ金具を繋ぐ持ち手の根元の部分を指します。この部分はもともと強度を高めるために広い面でしっかりと縫い合わせていますが、それでもほつれたり切れたりしやすい部分です。バッグ修理の請け負いをしている「靴専科」のサイトにも記載がありましたが、全く同じ革での修理は不可能ですので、似ている革を使って新しく作成してもらえるそうです。

切れてしまった根革は現状に近い物で作成し修繕します。

引用元 [バッグ修理依頼・・・靴専科]

バッグといってもその修理箇所は様々で、箇所によって修理方法も異なります。多少の修理で新品のようにバッグが生き返るのですから、長く大事に使うためにも時々メンテナンスをしてあげると良いでしょう。